« 玄米蒸しぱん。 | トップページ | facebookとInstagram。 »

2014年10月29日 (水)

森のスプーン作り。

 

今日はDOORS WORKSHOP「静岡の森のスプーン作り」でした。

木工作家の育子さんが、藤枝の森の桜の木をある程度まで形にして

きてくださり、それを薄くなるまでナイフで削っていく作業からスタートしました。

 

硬い桜の木を削るのはなかなか至難の業。。でも少し経つと、木の繊維にそって

やると削りやすいこと、歯のあて方、、などなど皆さんコツをつかみ、

まさに一心不乱に黙々と削っていました。

 

私、落ちた木くずを拾ったり写真撮ったりしたものの、今までで一番出番のない

ワークショップでした(笑)

 

削ったスプーン、今度は3種の目の違う鑢で丁寧に磨き、木にかける電動ペンで

オリジナルのサインをいれて、最後に育子さんが育てている日本ミツバチから

とれる貴重な蜜蝋をぬって完成しました!

 

Ma141029


左のが削る前のスプーン、右のが皆さんの力作★

 

とっても素敵なスプーンたち♡

 

「森の木に新しい命を吹き込んでくれてありがとうございました。

このスプーンは生きています。大切に育ててあげてくださいね!」

 

育子さんの言葉が印象的でした。

天然木のスプーンは、使うたびにオイル(菜種油やオリーブ油など)を

塗ってあげると木がオイルをすって丈夫になるそうです。

 

苦労して作ったスプーン。きっと皆さん大事にしてくれるはず。。

ただ、スプーンを作るのではなく、森の環境のことを考えたり、ものを大切に

することを改めて教わったり。。 

 

Ma1410291


おんなじ時間を共有するお客様同士が、お互いの力作をほめあったり。

 

いいな、いいな、

だからワークショップっていいんだよな。。

 

またすごく思った時間でした。

育子さんありがとうございました!またぜひお願いします★

 

« 玄米蒸しぱん。 | トップページ | facebookとInstagram。 »

しごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544686/57837297

この記事へのトラックバック一覧です: 森のスプーン作り。:

« 玄米蒸しぱん。 | トップページ | facebookとInstagram。 »