« ケータリングごはん。 | トップページ | HINA-CAFE。 »

2012年8月28日 (火)

イイホシユミコさんの器。

 

「今日もどこかの食卓で」

器作家、イイホシユミコさんの初めての作品集がでました。

 

イイホシさんの物語が書かれたとってもとっても素敵な本!

 

ずいぶんと前に、合羽橋のCAFE「itnowa」で、

イイホシさんの器でごはんをいただいた時に、

プロダクト(大量生産品)なのか、一点ものなのか、

どっちなのかな。。

と思ったことがあって。

 

この本を読んで、ストンっと腑に落ちた。

自分に飛び込んでくるいろんなコトバや物語に、この本を書いた

「一田憲子」さんというエッセイストの方のことも一気にファンになった。 

 

Ma120828_2

 

『どんなに歴史に足跡を残した人だって、きっと普通に生きてきたはず。

そのときに隣に座っていた誰かと何ら変わりなんてない。

有名人もその隣の人も、そして私も、一生はみな同じ。

違うのは、”した“か“しなかった”かだけだと思う。

あの人は、“した”から答えがでて足跡が残った。そういうことだと思うんです』

 

まさに、何者かになりたくて、ジタバタしているワタシ。

なりたいものがあるのに、「なり方」がわからなくて、焦っている自分。

でも、年齢や周りの環境のせいにして、“しなかった”ら、何者にもならない。

 

自分の周りって、成功して輝いている人が多くて、

「すごいなー自分とは違う人間なんだろうなー」って思っていたけど、

みんな最初は同じで。

その人達も、挫折や失敗を繰り返して、でも諦めずにやり続けたから

今があるのだなぁって思うと、やるしかないのだな。やりたいのなら。

 

自分の中にある、「料理とそれにまつわるいろんなこと」が好きという

種火はけして消えないのだから、なんだか何からやったらいいやら

さっぱりわからないけど、自分を信じてみようかなぁ、、なんて。

 

イイホシさん一田さん、着火してくれてありがとうございました(笑)

« ケータリングごはん。 | トップページ | HINA-CAFE。 »

BOOK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544686/46863635

この記事へのトラックバック一覧です: イイホシユミコさんの器。:

« ケータリングごはん。 | トップページ | HINA-CAFE。 »