« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

男子だったら。

 

久しぶりに映画を見に行ってきました~。

セノバ9Fの新しくできたシネコンへ。

  

ブラピの「マネーボール」。

弱小プロ野球チームを、頭脳や統計で、強いチームにしていく。。

というアメリカメジャーリーグが舞台の実話。 

 

途中、スカウトのルールがよく分からないとこがあったり、

(そのたんびに聞いて迷惑かけてた・笑)

本物のメジャー選手がでてきてたらしいけど当然分からなかったり、 

えっ?野球ってこんなビジネスなの?(笑)

ってちょっとびっくりしたりもしたけど、

 

見終わった後に、はぁ、渋くていい映画だったなぁ。。と思ったよ。 

 

Ma111130  

 

野球、いいなぁって。

父さんの影響で昔から巨人ファンだったけど、やっぱ野球好きだなぁ。

男子に生まれていたら、絶対サッカーよりも野球やってたなって。 

 

そんな野球余韻を残しつつ、就寝したら、自分がチームの監督やってる

夢を見ました。ホームランを打った選手にハイタッチしたりしてた(笑)

 

はぁ、究極に弱そなチームだなぁ。。と朝起きて思ったのでした(笑)

 

たまには映画もいいものだね。

 

 

 

 

  

 

2011年11月29日 (火)

お腹すいたの?

 

朝ランしているお堀に、カルガモや亀や鯉がいます。

いつも、決まった時間の決まった場所に、

鯉達が大集合してるの。  

Ma111129  

「お腹すいたよ~朝ごはんまだ?」

 

なんだかそんな風な感じ。口をぱくぱくさせて。

ワタシは君達にはご飯をあげられないの、ごめんね。(;ω;)

 

鯉も亀も、ヒトも、みんなお腹はすく。

「食べること」は、ヒトが自由に選択して楽しむことのできる

唯一の行為。

だからこそ、大事にしたいなって。鯉を見てて思ふ。(笑)

 

NONちゃんも言っていたけど、

「一日お疲れさま。明日も頑張ろう」って大事なヒトの、

その活力になるようなごはんを作りたいよね。

それが何にも苦じゃなくて、むしろ喜びと感じる私たち。

もしかしたら自然に与えられた能力なのかもしれないよね。。 

 

 

辰巳芳子さんの言葉。何度でも言っちゃいましょ。

 

 「料理をすることは、ヒトを信じて愛すること」  

 

そんな「愛のお料理教室」?12月中旬開講予定~。

興味のある方は、お問い合わせください(笑)

 

 

2011年11月28日 (月)

「 madoi-BAL」偵察?

 

本日、「madoi-BAL」 OPENです。

今日も大事な大事なお客様がお二人。

 

美魔女に絶対出たほうがいいっていつも思う、誰よりも

お洒落で美しいマダムJ子さん。madoiのもうひとりのお母さん。

J子さんを通じて仲良くなった、看護師をしているEさん。 

 

実は、今日は「madoi-BAL」に偵察しにきたおふたり?

J子さんを囲んで数人の素敵女子で、定期的に女子会を開いて

いるらしいのだけど。

 

ある日、J子さんが、

「円ちゃん、どこかいい店しらない?集まるところが限られちゃって」

「それなら、たまには家呑みなんてどうですか?うちでよかったら~」

なんて冗談のつもりで言ったら、

「それ、いい!円ちゃん、お料理作って!」って(笑) 

 

いや、私はまったくかまわないのですが、なんせ面識のない方に、

家に来ていただくのも、おもてなしするのも、初めてなので。。

 

“こんなMENUとテーブルコーディネートでどうでしょうか?”の

予行練習?をかねての、試食会なのです。 

 

今宵のMENUは、

・キャロットラペとチーズ

・ブルスケッタとアボガドカナッペ

・鰯のコロッケと蒸し野菜、タルタル添え

・きのことベーコンと大葉のサラダ

・煮込みロールキャベツ 

 

Ma111128

赤ワインとトマトで煮込んだロールキャベツ、サワークリームを添えてよそ行き顔に。 

 

「みんな、絶対喜んでくれるわ~」って。

どれも、OKでました~☆

 

自分の作ったお料理を目の前で美味しそうにむしゃむしゃと

食べてくれるのを見るのは、なんでこんなにも幸せなのでしょう。。

 

3人で、辛口白ワインをぐびぐびと呑み、日付が変わるまで夢中に

なっていろんな話しをしました。普段話せないこと、いっぱい話せた。

 

楽しい時間でした~。J子さんEさん、遅くまでどうもありがとう!

本番もきばって頑張りやす(笑) 

 

2011年11月27日 (日)

私の誇り。

 

弟が、仙台に復興のために働きに行っていて話を聞いたり、

「ほぼ日」の支社「気仙沼ほぼ日」を読んでいたり、

自分の中で、少しでも今の現状を知って、小さな範囲の中だけど、

3.11のことは常に忘れずにいようって思ってる。  

 

被災した仙台にいる大切な大切な友Sが、最近、ブログに

「てとてと-みんなの放射線測定室-」を紹介する記事を書いてくれて。

Sの文も、「てとてと」の文も、何回も読み直して、また改めて

被災地のことを思った。  

Ma111127  

「てとてと」の写真。勝手にSのブログからいただいたちゃった。ごめんね。。 

 

ぜひぜひ、読んでください。↓↓

歯科衛生士の雑穀LIFE-zacchi blog- 

 

Sは、歯科衛生士をしながら、雑穀マイスターの勉強をして資格を

取り、マクロビや雑穀の良さを広める活動をしているんです。

今回も「てとてと」のオープニングイベントで、玄米甘酒の講義をした

とのこと!すごい!緊張したでしょう?お疲れ様でした。。

 

Sと心からの友で入れることは、本当にワタシの誇り。 

 

平和な静岡。

平和な自分。 

 

Sの頑張りを感じて、毎日を大切に生きようってまた改めて思えたよ。

ありがとう~。。。

 

2011年11月26日 (土)

お家カレー。

 

お家で作るカレーって、何入れますか? 

 

madoi家のカレーは、玉ねぎと大量のセロリとにんにくを

よくよく炒めて、隠し味は、八丁味噌とオイスターソース。 

 

セロリを入れるのは、母さんから伝授されたんです。

母さんの作るカレーは本当に美味しくて日本一だと思ってる。

 

カレーの面白さってスパイスの配合もそうだし、何度作っても

毎回なんとなく味が違って、作り尽きないことじゃないかなぁ。 

ココナッツミルクを入れるとまた違った味になって、ぐう☆ 

 Ma111126

 

3日連続カレーな手抜きごはんしてるワタシです。(笑)

 

2011年11月25日 (金)

足元から。

 

暖かい日が続く今年の冬のはじまり。

天達予報師によると、今年は寒波がやってきて、寒い冬に

なるとのことですが。。。 

 

寒さを楽しむために、

実家みたいに暖炉がある生活が夢だけど、今の

マンションではそれは無理。

床暖房をしてもそこまで暖かくならない。

でも、エアコンもあまり好きじゃないし。。 

 

なおかつ冷え性なワタシの冬は、もう徹底的に

“足元を暖める”につきるのです!

 

 

寝るときは「冷えとり靴下3枚ばき」と「ゆたんぽ」

ご飯を食べたりデスクワークをするダイニングテーブルの

足元には、こんなものを。 

Ma111125  

 

これ、最近、セノバのNOJIMA電気で1000円くらいで!売っていて。

小さいのに、思いのほか良くて大活躍しています。 

みんなにおススメしたい一品(笑) 

 

足元から、冬じたく。

2011年11月24日 (木)

STAFF募集?

 

【年明け早々から人が足りなくなるので募集はじめます。

当然元気で健康で笑顔のある人。清潔感のある人。アートに興味のある人。

人を喜ばすことが好きな人。コーヒー大好き。山海好き。

山にそんなに行ってる訳じゃないけど自然すき。自転車好きな人。

オートバイでどこか行きたい。古いものを生活に取り入れるのがうまい人。

文章書くのが好き。人をもてなすこと好き。

おしゃれに対する感心をいつも持っている。おしゃれな人。掃除得意。

普段着にアウトドアのものとりいれている。臨機応変に対応できると思う人。

勉強もそれなりにできた。キビキビ動ける人。ハキハキ話せる人。。

古道具屋自分でやりたい。美味しいもの作れる人。shozo好き。

いい店を一緒に作りたいと思う人。自分の意見を言える。

那須黒磯をもっとよくする。

半分以上自分は当てはまるなと思う人は履歴書お送りください。

待っています。】 

 

大好きな栃木のCAFE SHOZOの、求人募集の文章。

はいっっっ!! 半分以上どころか、8割方当てはまってます!(笑)

 

あぁ、SHOZOが近くにあったら、こんな募集でていたら飛んでいくのに。。

誰か、静岡にSHOZO作ってくれないかなぁ。。。 

 

Ma111124  

 

その店や会社でどうゆうヒトを募集するかで、その店やオーナーの

感じがすごくよく分かってくる。“元気なヒト・やる気のあるヒト”なんて

どこも当たり前のことで、SHOZOみたくここまでいろいろ要件?書かれると、

「絶対無理だな」ってヒトと、

「もしかして、これってワタシのこと?」

↑ワタシもその1人だけど(笑)勘違いでもそう思うヒトがでてくる。 

 

でも、それってすごく大事なことだと思う。。

一緒に働くヒトって、ある意味家族よりも一緒に時間過ごして思いや夢を

共有するヒトだから。入り口を狭くしてでも、同じ価値観を持ったヒトを探す

ことの方が遠回りのようで近道な気がする。 

  

はぁ、それにしても、SHOZO行きたい・・・・・(笑)

2011年11月23日 (水)

メリハリと塩梅と。

 

いろんな事情の中で、今は仕事以外にやらなくちゃいけない

ことの方が多い日々。

100%仕事にのめり込めるわけじゃないからこそ、

空いてる時間の中でメリハリをつけて進めていくプロジェクト。

(なんじゃ、そりゃ・笑)

 

を、はじめていきます。  

Ma111123  

窓から公園の景色が見えて気持ちがいい。働く環境ってやっぱり大事。

 

まったく自分でイチから考えていくことだから、どうなるやら。。 

 

でも?好きで毎日必ず読んでいる「ほぼ日」も、1998年に、糸井さんが

50歳で始めた時には、3人しかいなくてビューは600くらいだったと。 

 

その時は、今のこんな状態は予想だにしなかったのだそうな。。

ただ毎日必ず更新して、ヒトがやりそうもないことを楽しみながらやって。。  

そこにヒトがどんどん集まってきて。。

 

今は社会に影響を与えるサイトになっている。 

 

のだから?気張ってやってもしょうがないので、リラックスして楽しみながら

やっていきたいと思うのであります。 

以前は、自分の仕事の塩梅を間違えてしまった感があるからなぁ。

学習しなければ(笑)

 

またいろいろちゃんとしたらご報告しますね。

 

 

 

2011年11月22日 (火)

ちいさな幸せ。

 

届きました!

椿野恵理子さんの、「2012 花と果実 カレンダー」 

 

想像以上に素敵だったので、

2012年を待たずに、壁に並べてしまいました。 

 

Ma1111223    

 

バラの実を横に一緒に。

ん~かわいい。。。。 

 

もちろん写真もだし、その紙のサイズとか、字のバランス

とか繊細さとか、、

やっぱりセンスがいい人が作り出すものは、

本当に人を幸せにする。。 

 

真っ白だった壁が、幸せ空間に(笑) 

 

大好きなサンキライの実も、この時期は赤いものがお花やさんに。

なんだか和風クリスマスって感じ。  

Ma1111222

 

お家がますます愛しいmadoiです。

 

2011年11月21日 (月)

たこやき日和。

 

「たこ焼きやろ~」

って、こんなものを買ってきてくださったので、 

Ma1111211

 

今宵はたこやきパーティー! 

 

学生時代は大阪でしたし、生まれも神戸なワタシは、

粉モノにはちょっとうるさいの(笑) 

 

昆布とかつおだしと新鮮玉子、やまいもすって生地つくり、

生たこを日本酒で少しだけ煮て柔らかくして大きくきって、

天ぷらやさんの美味しい天かすと紅しょうが。 

 

頃合いを見計らって、竹串つかってクルリと。。 

 Ma111121

 

美味しいたこ焼きができました☆

あっつあつのたこ焼きを冷たいビールと一緒に~。

ん~たまらんですな(笑) 

 

でね、ここからもうひと工夫。

鶏がらだしでとった中華スープを用意しておいて、その

中にたこ焼きをどぼん。

スープをすったふにゃふにゃのたこ焼きもまた美味。

だしで食べる明石焼きに近いので、懐かしいのです。

子供の頃は、朝ごはんがよく明石焼きでした~。

(両親も神戸に住んでいたので) 

 

プロの味にはもちろんかなわないけど、自分で作るソレは

また違った味わいがあって楽しいなぁ。

 

また、タコパ?しようね~☆

 

 

2011年11月20日 (日)

マスタードクリームソース。

 

土曜日の夜の、「チューボーですよ」で、

“チキンのマスタードソース”を作っていて、さっそくマネして

みました。 

 

肉はあんまり、、なので、鯖で。

ポテトも添えて。

 

鯖を洗って、塩をふり少しおいておいて、ポテトはふかしておきます。

フライパンに油とにんにく、そこに小麦をはたいた鯖を入れて、皮の

方からこんがりと焼きます。ポテトも焼きます。

焼きあがった鯖とポテトを出したフライパンでそのままソース作り。

秘伝のタレ(または玉ねぎをいためたもの・大2)、にんにく(小1)、

白ワイン(50cc)、ブイヨンスープの元(大1)を入れて火にかけて、

そこに生クリーム(100cc)を入れて煮詰めます。

濃度がついたら、塩・こしょうと粒マスタード(大2)をどさっと。 

 

Ma111120  

 

完全にオリジナルなMENUになってしまいましたが(笑)

 

今宵は白ワインとともにいただきました。

とても美味しくできてワインを飲みすぎてしまいましたわ。。 

 

このマスタードクリームソースは、酸味があってさっぱりしているので

ゆでたお野菜やフライなんかにかけてもいけそうですよ☆

Mさん?お料理してますか(笑)ぜひ、作ってみてくださいね♪

2011年11月19日 (土)

みかんと「friends」

24節気 【小雪】

冬の入り口。雪が降るほど寒くはし。

 

今日は雨がすごい。

こないだの台風を思い出すような。。 

 

法事が終わった後、お家でまったりです。

久しぶりにDVD「friends(フレンズ)」をみかんを

食べながら見入る。  

Ma111119

 

エルトン・ジョンの名曲と、「小さな恋のメロディ」に

似た子供の恋のお話。とてもとても好きな映画です。

何回みても、やっぱり、いいなぁ。。  

 

と、見終わって気づいたら、みかんの皮が散乱(笑)

5個も食べてました。静岡のみかんはおいしすぎ。。

今年も柑皮症(みかんの食べすぎで手が黄色くなる)確実だな。 

Ma1111191  

2011年11月18日 (金)

朝焼け。

 

カラダが緩んできてしまったので、朝ランを再開。

あったかいお布団からでるのが、毎日、自分との戦い。

 

習慣にするには、3ヶ月続けなくちゃな。 

目標があるので、今はそれに向けて、己にカツ!!です。 

 

最近、朝の空気がぐんと冷えて変わってきました。

冬らしいキリっとした空。 

 

夏は同じ時間には、太陽はもう上のほうにいたのに、

今は、ちょうど走っている時にキレイな朝焼け。 

 

Ma111118

 

登っていこうとしている太陽に向かいながら、

毎日いろんなことを思いながら走る。 

 

でも何を思っても、いつも最後は、「はぁ、幸せだなぁ」って(笑)

やはり単純な朝からいつもHAPPYなmadoiなのです。 

 

明日も頑張って起きて、太陽にほえるぞ~!!!

チャララ~チャラララ~(笑)

 

2011年11月17日 (木)

DERBARバームクーヘン。

 

お家に帰ったら、「宅配BOXにお荷物が届いてます」って。

ん~?なんだろ?

BOXを開けると、かわいい包みが。

「DERBARのバームクーヘン」 

 

そうそう!忘れていた!!

1ヶ月前にデルベアのバームクーヘンを注文したのだった!

やっと届いたのだな。  

Ma111117

 

奈良の田舎町のある1人のバームクーヘン職人の手で、

ひとつづつ丁寧に作られている自然素材のお菓子。

 

小川糸さんの本「ようこそ地球食堂へ」に、「デルベア」が

紹介されていて、読んだだけでいっぺんにファンになってしまって。 

 

「1日限定生産なので配送までにお時間いただいております」

いいですよ~待ちますよ~☆ 

で、やっと到着。さっそくいただきました。 

Ma1111171

美味しい食べ方が薄くスライスしてトーストするとのこと。

 

うぅ~ん。。待ったかいがありました。。

、、コレ、、やばいです。

こんな優しいバームクーヘンはじめてです。。 

 

香料等・添加物等まったく使っていないから、本当に自然な味。

和三盆とはちみつのほわほわした甘さ、

ほんのり香るレモンとバニラの風味、、

今までバームクーヘンは香料が入ったものしか食べたことが

なかったから、100%ナチュラルなものの美味しさに素直に感動しました。

 

これは、本当にこだわった職人の手間による賜物だな。

何かをいただいて、「作っている人に逢ってみたい」

そうこんなに思ったのも、はじめてだぁ。こんな優しい味を生み出せる

熊倉職人に、逢ってみたいなぁ。。

なんだかすごくすごく贅沢な気分になった。

 

美味しいものは人を幸せにするなぁ。

 

■ DERBAR 自然素材のバームクーヘン「デルベア」

http://www.derbar.jp

※1日20個限定生産です

 

 

 

2011年11月16日 (水)

TOKYO DAYS。

 

久しぶりの東京。

タイトなスケジュールでいろいろまわる欲張りリサーチ。

 

お昼はここと決めてた。

新宿伊勢丹の「チャヤ・マクロビオティック」

マクロビをとことん好きにさせてくれた、本当に好きなお店。

 

茸と豆腐のテリーヌ

雑穀ハンバーグ豆乳クリームソース添え・・・etc 

Ma111116

 

目にも鮮やかなチャヤのマクロビフレンチ料理。

久しぶりに雑穀や奥の深いお野菜の味をゆっくりかみ締める。

やっぱりやっぱり美味しい。。。。 

 

もうひとつ行きたかったのが、伊勢丹から程近いところに

できた「ビブリオフィリック&ブックユニオン」

ここは、世界初?の読書用品専門店。

本好きなので飛びついた(笑) 本にまつわる雑貨やCDや

いろいろあったけど、小さなブックライトを購入。 

 

銀座へ。

松屋の裏にある、「野の花」へ。

野花・茶花・山野草の寄せ植えなどをそろえるお花屋さん。 

Ma1111161

 

2Fの茶房ではお茶も楽しめます。

置いてある和風の山野草花が完全につぼ(笑)。。

素朴なのだけど、さすがに銀座なので、草花達もよそ行き顔?でした。 

 

もうひとつ「茶・銀座」

Ma1111162

 

1Fが茶葉や茶器のSHOP、2F前茶室、3F抹茶室。。という面白いお店。

1Fで、茶室の券を購入し、ほの暗くしつらえられた階段を上がると、

テーブルはなく土壁にベンチのモダンな空間。

 

「ウェルカムドリンクをどうぞ」と、日本酒をいただき、一番茶・二番茶。

美味しいお茶菓子まで。このクオリティーとサービスでなんと500円!

ここ、素敵です。

最近は、店も花とかも和のものがとても気になる。歳とったから?(笑)

 

有楽町ルミネも見てきましたよ~。

「ロン・ハーマン」へ行ったら、封印していたお洋服買い物欲がむくむく

でてきてしまって大変でした。(笑)ここはテンションあがる。。 

FOOD FLOREも新しいお店がたくさんでていて、興味深深。 

 

「45 CENT QUATRE VINGTS」

カフェカンパニーと京都「ミディ・アプレミディ」の津田陽子さんが

くんだ焼き菓子専門店。美味しそうでたくさん買ってしまいました。 

 

で、東京戦利品たち? 

Ma1111163

本を読むときにかける音楽・小さなブックライト・津田さんのお菓子・クロネコ?

 

秋のいいお天気の東京を楽しんだ一日でした。

 

 

2011年11月15日 (火)

モナ・リザに会いに。

 

恒例の?かわいい後輩MとのデートDAY。

今日は松木さんのお店「Le Comptoir de Bio-s」でランチをして、 

Ma111115

壁一面の黒板に、松木さんマークが。ランチタイムは大賑わいでしたぁ。

 

静岡市美術館で開催されている「レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想」へ。

モナ・リザに会える?ってほんと?

 

大学の時に、ヨーロッパを旅して、フランスルーヴル美術館の本物の

モナ・リザを見たことがありました。

“その絵のあまりの小ささにびっくりしたっけなぁ”などと思いだしていたら、

フランス好きなMも同じ感想を持っていて、大笑い。 

 

なんか、大きな絵のイメージが勝手にあったよねぇ。。

で、実際、今日お会いしたモナ・リザは、ダビンチのものであるわけがなく、

その仲間や弟子が書いたいろんなモナ・リザさん達で、大きなものでした(笑) 

 

前回のセガンティーニ展に行ったときも思ったけど、静岡市美術館は

その展示によって、内装や空間がごろりと変わってすごく面白い!

ダビンチ展も、各展示室ごとに形や壁の色が変わったり。。

額も多種で、内装・空間まるごとすべてで絵の良さを引き立たせていました。 

 

「これ、お金かかってるよね・・・」思わずつぶやくワタシとM。

(どんな感想やねん・笑) 

 

そして、2人して「女性を慎ましやかに見せたい時は、うつむかせる」という

ダビンチの言葉に異様に反応!

そうよね、うつむき女子が慎ましやかなのよね(笑)  

Ma1111151

 

ひとりもいいけど、2人美術館もとても楽しいなぁ、、と思ったmadoiでした。

M、また一緒にいろいろ行こうね~☆

 

2011年11月14日 (月)

くうぅぅぅぅ。。。

 

久しぶりに、涙がぼーぼーとでた。

あまり流したことのない種類のなみだだった。 

 

自分のできなさや動けなさやいろいろ情けなくって。

欠点も力量も分かっているつもりではいたけど、

自分よりもはるかに上のプロの方と、同じ空間で場所で時間を

過ごすと、自分が思っていたよりも、できないことが多かった。 

 

今までやってきたことなんて、ちっとも通用しない。

どんだけ狭い世界で甘やかされてきたのか、、を身をもって感じる。  

 

厳しい世界で常に仕事をしているプロの動きや考え方は、

単純にものすごくかっこいい。

今までもそういう人はたくさん回りにいたのだろうけど、やっぱり

実際に同じ現場でそれを見ると、そのすごさも差も痛いほど分かる。 

 

くぅぅぅ。悔しい。

でも、これが今の自分。 

 

かっこよく、なりたい。プロに、近づきたい。少しでも。 

ぐったり凹んで帰ってきたら、こんなコ達が迎えてくれた。 

Ma111114

 

はぁ、キレイ・・幸せ~もっと頑張ろう!・・ってこれだけで前向きに

なるのだから、やっぱり基本、単純で楽天家なのだ。

 

それでいいのだ。こにゃにゃちわなのだ。(笑)

 

2011年11月13日 (日)

名古屋メシ。

 

と言っても、名古屋でメシしてきたわけではなし。

( ̄ー ̄)ニヤリ

 

お昼ごはんに、名古屋人に愛され続けているという、隠れ?MENUの

「鉄板ナポリタン」なるものを作ってみた。 

 

まず、ナポリタンスパゲッティーを作る。

(パスタというよりもスパゲッティーの方がやっぱりしっくりくるなぁ。)

玉ねぎ半分・ピーマン・茄子・ツナ(普通はソーセージとかいれるよね)

茸、をフライパンで炒めて、ゆでたパスタを入れて、

塩・こしょう・ケチャップで味付け。

鉄板にうすくバターをひいておいて、作ったナポリタンを真ん中に

どさっと。玉子・生クリーム(ちょっと)・塩・こしょうした玉子液を

まわし入れて火にかける。

 

少し半熟くらいで火からおろすと、余熱で玉子に熱が通ってほどよい

感じになるよ♪  

Ma111113  

 

熱々のスパゲッティーに玉子をからめてふーふーいただきまーす。

 

これ、なんだか懐かしい味で、みょうにクセになる優しい美味しさ!

ずっとあったかいからこれからの季節も良いかも。

美味しかったぁ~。

 

やはりご当地グルメはあなどれん。

次はどの県に行こう(作ろう)かな。(笑)

2011年11月12日 (土)

くるみの木と椿野さん。

 

奈良の「くるみの木」で、

椿野恵理子さんのカレンダー展が開かれていました。 

ずっと以前から、フォトエッセイスト椿野さんの

“花と果実”“器と骨董”の写真がとてもとても好きで。  

 

Ma1111121

 

「くるみの木」と椿野さんの組み合わせなんて、もう

興奮してアドレナリンでまくってしまう(笑) 

 

こんな小春日和の気持ちのいい日に、くるみの木に

行けたら、もう最高に最高に嬉しいけれども、

・・・・いかんせん奈良は遠い。(;ω;)

 

しょうがない。。

2012年の椿野さんのカレンダーを購入して我慢するとするかぁ。 

 

サイト「風景のあと」で注文。

小さな贅沢。こうゆうの好き。届くのが楽しみだ~☆

2011年11月11日 (金)

バケツに水を。

 

会社を辞めてから、入ってくるモノが、ぐんと寂しくなって

しまったので(笑)

無駄遣いはやめて、いろいろ節約するようになったのだけど、

これだけは、ぜーんぜん我慢しないようにしている。 

 

いい食材と、いい本。 

 

この場合でいう「いい」ものは、あえて自分主観でよし。

自分の目で選んで自分でまっとうできるもの。 

 

食材は、きちんとソレに感謝して使いきり、食べきる。

本は、中味がどんなものであっても、最後まで必ず読みきる。

 

幸いなことに、どちらも目利きはわりといい方ではないかしら。

特に、本に関して言えば、無数にある本の中から、直感で気になる

ものを選ぶのだけど、「あんまりおもろないな」と思うものは、

30冊に1冊もないなぁ。。1ヶ月に30冊くらい読むけれど。 

 

11・11・11の記念すべき今日も、最近はあまり好んで読んでいなかった

自己啓発本を珍しく購入し、一気に読んだ。  

Ma111111

心のなかの幸福のバケツ

 

面白かった!これから新しいコトにチャレンジしようとしている

今のワタシが、はじめる前に読んでおいて本当に良かったと

思った。こんなサプライズがある本も初めてだった。  

 

“人は、寝ている時間を除いて、一日に2万の「瞬間」を経験している。

そのうちよくも悪くもなかった出来事は心に残らない。記憶に残る瞬間

というのは、よいか悪いかのどちらだ。” 

 

ふぅむ。その瞬間の積み重ねが人生なのだから、「よい瞬間」を増やせば

よい人生になる。。 

 

気になった方は、読んで、「ストレングス・ファイダー」テスト受けて

みてください(笑)

2011年11月10日 (木)

1年と大黄まんじゅう。

 

11月10日。

今日はお父さんの命日。1年が立ちました。 

 

母さんを連れて、朝早くにお父さんのお墓へ向かう。

クルマの中で、1年前の今日を振り返る。

真夜中に病院から電話があったこと、母さんとお父さんの手を握りながら

ずっと応援したけど逝ってしまったこと、その時のお父さんの顔。

 

まるで昨日のことのように、鮮明に。

でも、母さんは、「あの日のこと、なんにも思い出せないの。」って。 

母さんの病気のせいなのか、それともあまりに辛く忘れたいのか、、

どちらにしても、いいよ、忘れたまんまでいよう。。 

 

お父さん~、寂しいからってお母さんを連れて行っちゃまだ駄目だよ~

それだけお願いする。後は、もう日々の感謝と報告を、いつものように。 

 

あんまり母さんがめそめそしてるもんだから、

母さんが好きな「大黄まんじゅう」で機嫌とり(笑)  

Ma111110

 

「大黄まんじゅう」はいつも思うけど、奥が深い。

生地の柔らかさ・厚み・甘さ、中のあんこの粒感・量・甘さ・・・

それぞれに違うから、新しく発見するとつい買ってしまう。

究極のまんじゅうにまだ辿り着けずにいるし(笑)

 

そうそう「大黄まんじゅう」っていう名前は静岡だけなのですって。

他は、大判焼き、回転焼き、今川焼き・・・地方によって呼び方が

変わるらしいですよ?なんてどうでもいい情報。。 

 

でも?1年経って、なんだか自分の気持ちも少しきりがついた感じがする。

そしてこの「大黄まんじゅう」から、新しい人生が始まる感がぷんぷんする(笑) 

 

なんにしてもこれからだぁ。

頑張って、生きていきましょ~☆☆☆ 

2011年11月 9日 (水)

林檎ジャムなんかを。

 

林檎をたくさんいただいたので、ジャムを作りましょ。

 

ジャム作りは簡単です。

林檎6ヶくらいを皮をむいて、ざくざく切っておいて、

平鍋に、林檎、砂糖200g~300gくらい、レモン汁大1、

カルバドス(りんごのリキュール)大1←大人味になるよ

林檎の皮の部分少し←ジャムがほんのり赤く色づくよ

を入れて、

弱火でコトコト煮詰めていく。とちゅうアクをとりながら。

 

少しカタチが残るくらいで火をとめて、できあがり~☆ 

Ma111109  

 

いつもジャム作りの勝手な法則で、

ル・クルーゼの鍋で作るってこと、リキュールを入れること、

で、美味しくできるって信じてる。 

今日も美味しくできたソレは、余熱をとって、密封容器に入れて

冷蔵庫へ。何日も持ちますよ☆

 

毎朝はちみつで食べてるヨーグルトに、今日は作った林檎ジャムを

たっぷりいれてみたら、

 

「お、煮林檎入ってる。コレんまいね!!」って相方様。

 

煮林檎じゃなくて、ジャムですがね。(笑)

ま、どちらでも喜んでくれたのでそれがなによりです。

 

林檎パウンドケーキや、林檎パンなども作ってみよ。

なんでも手作りがよい感じの味がでて良いものだなぁ。。

 

なんて思う急に寒くなったジャム日和な今日。

皆様、お風邪など召さぬようお気をつけください。

2011年11月 8日 (火)

立冬の珈琲とCAFE。

 

24節季【立冬】

冬のはじまり。「冬立つ」「冬入る」

 

やっと冬らしくなってきた立冬の今日。

ある用事があり、お庭の見えるこんなトコロへ。

 

Ma111108  

ここで人生初の体験。詳細は後日。(笑)  

 

なんだか興奮して?珈琲が飲みたくなった。

店主が入れてくれる濃い味のドリップ珈琲が飲みたい!

そんなときはいつもなら、鷹匠の「ブーケ」に行っていたの

だけど、残念ながら夏に閉店してしまって。 

さて、どうしよう・・・・と、ふと前に行った「鳥仙珈琲」を思い出す。

ちょうど家の豆もきれそうだし、、と車を走らせて瀬名へ。

 

「鳥仙珈琲」は、若いご夫婦が営んでいる珈琲焙煎所。

カフェではないのだけど、珈琲豆を買うと、美味しい珈琲を入れてくれる。 

知り合いがまた知り合いだったりする不思議に繋がる人が多いトコ。 

Ma1111083  

 

兄さんおススメのブラジルの「sweet yellow」という豆の珈琲をいただく。

濃厚で甘くてめちゃくちゃ美味しい!びっくり!

「これからの季節にスコーンやほっこりケーキと合わせたら最高っすね」

なんて思わずつぶやいたら、

 

「そうそう、近くに僕の同級生が可愛らしいカフェだしたんですよ。

鳥仙の珈琲あつかってもらっているんでよかったら行ってみてください」

 

ええ、行きますとも(笑) 

 

鳥仙さんから車で2分くらいのところに、ほっこりした場所を発見。

「つきさむ」

Ma1111081

沼津のawatenvowに似てる感じのゆるゆるカフェ。

迷わず、ブレンド珈琲と、どうせならばとサツマイモのケーキをいただく。

 

美味しかったぁ。満たされましたぁ。

街中からはちょっと遠いけど、ぜひ行ってみてください。

またお気に入りのお店が増えました~☆

 

■鳥仙珈琲 (自家焙煎珈琲豆販売所)

静岡市瀬名中央4-1-11 TEL:054-294-7495

 http://torisencoffe.com

■つきさむ

静岡市瀬名川2-28-1 渡辺マンション105

TEL:054-208-3222

http://tukisamu6.exblog.jp

 

2011年11月 7日 (月)

ずっとSHORT、これからも。

 

絶対に確信をもって言えるのだけど、

最近、ショートカットの女のコが、10年前よりも、5割増しくらいに

街に増えてます(本人調べあしからず・笑) 

 

ワタクシのショート大好き歴はかれこれ20年!!。

初期はもみ上げとか刈り上げとか流行っていて、いち早くそんなスタイル

にして女子には人気だったけど、男子には大不評だったな・・・(笑)。  

 

髪型のスタイル本なんかも、ショートはほんの少しだったのに、

いまや、専門誌も多くてさ、やっと時代が追いついてきてくれたか? 

 

ここ数年、自分の髪をすべておまかせ~してるのが、

静岡PARCO「TONY&GUY」のチーフ仲安くん。

madoiの高校時代からの親友なのです。 

 

髪の特徴とかクセをよぉく分かってくれているので、すごく助かるし、

無理な要望もなんでも言えちゃうのが嬉しい。 

 

今日も、「えみりそのものでお願いします」それだけ(笑)  

数時間後はこんな髪型に。↓↓↓ 

Ma111107  

あ、これはえみりです。ワタシじゃないです。はぁ、分かってますか。(失笑)

 

どんな悩みでもいつも真剣に聞いてくれて、とっても素敵な髪型に

してくれて、なおかつイケメンの仲安君にめちゃ癒されますよ~。

この際ショートにしたい人も、そうじゃない人も、TONY&GUYへGO!!(笑)

 

■TONY&GUY(静岡PARCO店)

静岡市葵区紺屋町6-7 静岡パルコ3F

TEL:054-903-8787

 

2011年11月 6日 (日)

記憶と記録とモンブランと。

 

「記憶しようとするから覚えないんだよ。

忘れてるから同じコトを繰り返す。

なんでも記録すること、書くことが大事」 

 

ものすごいプロの仕事をしている方に、とっても簡単だけど

つい忘れがちになることをアドバイスしてもらった。 

 

「記憶するより記録する」

 

それは、すべてにおいてプラスなことなのだと気づく。

体重にしても、家計簿みたいなものも、毎日きちんと「記録する」

ことで、状況を確認でき、管理できるようになる。

 

気持ちもそうだよな。

その時に思ったこと、、感じたこと、言ったこと、

「書く」ことで整頓でき、忘れないようにすることができる。 

 

だから、今日もせっせと書く。

ブログもメールもそのひとつだけど、でもやっぱり自分の手で

書いたものにはかなわないなと思う。 

 

幸い?昔から、手紙を書くことがすごく好き。もらうのも大好き(笑)

 

いくらSNSみたいなものが発達して便利な世の中になっても、

ワタシは本当に大切なことは、「書いて」伝えたいなと思う。

メールは消去できても、届いた手紙はぜったいに捨てられないしな。 

 

 Ma111106

手紙を書くときは、お気に入りの便箋にその時しか登場しない?モンブランのボールペンで

 

それに最近、病気が進行して、字がほとんど書けなくなってしまった

母が、「もっと手紙を書いておきたかった」と言っているのを聞いて、

自分の手で書く自分の字でしか伝えられない自分の思いを、大切

にしよう。。。 

 

なんだかものすごくそう思った雨の日曜日です。 

 

2011年11月 5日 (土)

気の早い。。

 

スタバで、ラテを頼んだら、でてきたカップが、

2011・CHRISTMAS仕様で。

そうかぁ、もうそんな・・・と店内TAKE OUTコーナーを見ると、

一面にクリスマスを感じさせるディスプレイ。

 

街中の雑貨屋さんをのぞいても、クリスマスのアレンジ

メントがそここに。 

 

そういえば、毎年、このくらいの時期になると、

「どのお店よりも早くせなっ」と自分が担当してたアパレルの

お店やCAFEをクリスマスディスプレイしたっけなぁ。 

洋書を見て真似して、巨大なツリーを作ったり、窓にイラストを

描いたりしたこともあった。

あぁ、懐かしい。。。

単純にそうゆうのが好きなので、楽しかったな。。

 

セ●のブログ見てくれてるみなさーん、

大道芸終わったら、店はクリスマス仕様ですよ~☆

BO●●に言われる前に早々やっちゃいましょ~(笑)

 

ワタクシは、今年はそんなどこかと競うことも飾る店もないので、

じみーにお家のじみーな部分にちょこっとクリスマス。(笑)  

Ma111105

 

でもそれでもなんとなく、ソレを見るたびに、

クリスマスの妙に楽しい感じ(子供の頃サンタさんにプレゼントもらって

超興奮したこととか!)を思い浮かべて得した気分になれるんだから、

ちょっと気が早いけど、ま、いいかぁ。。 

 

と半そででも過ごせる季節はずれに暖かな日に思うmadoiなのでした。

おかげで今日もアレルギーすごいっす。(´;ω;`)ウウ・・・

2011年11月 4日 (金)

だめだなぁ。。

 

夜中から鼻水がだーだーでて、朝はくしゃみが止まらず、

春なみの花粉症になっちまったぜ、やいやい、、と思っていたら

「寒暖差アレルギー」というやつみたいです。 

 

なんだ?そりゃ?ですよ。

冷え性の女性に多いということですが、いつからそんなカラダに

なってしまったんだろうなぁ。自分のカラダなのに、知らないことが

多い(笑) 

 

ちゃんとカラダの声を聞いてないし、向き合ってないからですよね。

向き合ってないといえば、最近、体重計にものってないぞ。。

 

アレルギー症状にかまけて?朝ランもサボっています、はい。

いつもそうだけど、いろいろ緩みはじめると、いろいろ自分に

あまくなり?異様に甘いものばかり食べてしまったり、呑みすぎて

しまったり。。

 

よくない悪循環。

はぁ、だめだめだだめだぁ。  

 

大好きなN姉さんもブログで書いていたけど、若さの秘訣は

体型を保つこと!それには、ちゃんと自分のカラダと向き合わなくては。

 

と、昨日の夜思い(笑)、朝、1週間ぶりのランニング。 

Ma111104

お堀まわりは大道芸一色

 

シャワーを浴びて、体重計へ。 

きゃーきゃーきゃーっっ(ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ)(笑)(笑) 

自分を戒めようと誓うmadoiでした。

 

2011年11月 3日 (木)

発見。

 

夜になると急に寒くなったりするので、バックに入れて

持ち歩いているのが薄くて軽い真っ赤のダウン。  

 

 Ma111103

 

鮮やかな赤色が、最初はちょっと派手かなぁ~なんて思って

いたけど、着たら案外?しっくりきて、とてもお気に入り。 

 

「円(えん)ちゃんは絶対に赤が似合うから!」とTNFの店長T子が

選んでくれたもの。自分じゃまず選ばない。

赤が似合うとも思ってなかったし(笑)

  

でも、この真っ赤のダウン着て、スカートにブーツ、おおぶりのサングラス

とかしてると、気分は完全にセレブ女優(笑)(笑) 新しい自分発見。。

 

うーん、これが接客なんだよなぁと思う。

自分じゃ気づけない自分を、他人が発見してあげること。

 

自分が案外、一番自分を決め付けて狭く見ているのかもしれないから、

そこに新しい風を入れてあげること。 

 

ファッションだけじゃなく、考え方や、食べ物や、いろいろなことも。

まだまだたくさんの発見があるんだろうな、自分や他人の手によって。 

 

ヒトは∞なのだ。。

2011年11月 2日 (水)

「madoi-BAL」OPEN☆

 

お酒をメインに、軽いお食事。

「madoi-BAL」へようこそ~(笑) 

 

アンチョビやハーブ・スパイスをたくさん使って、

今日はバル風お料理で、Tちゃんをもてなす。 

 

ワインに合うタパス(小皿料理)をちょこちょこ。 

 

キャロット・ラペ

ツナのリエット

サトイモのバジルソース和え

煮込みラタトゥユ

鰯香草焼き 

 Ma111102

 

いいなぁ。

こうゆうスタイルはのんべえにはたまらないねぇ(笑) 

 

って、ワインに合うっていっているのに、やっぱり今日も

芋焼酎、しかもお湯割りをオーダーするTちゃん。。

かわいいから許してやる(笑) 

 

で、恒例の?ドリライブ!今日はamazonで購入した、

「DWL2007」で大盛り上がり(笑)

 

呑みすぎ?Tちゃんは、珍しく途中でつぶれる。

もう若くないのだから、お互い無理はやめましょうね(笑) 

 

「BAL」は不定期でOPENいたします~

またのお越しをお待ちしています☆

2011年11月 1日 (火)

巴里の空の下。

11月、露月。 

 

なんだか暖かい日が多いけど、お家の衣替えや、

お布団も厚いものに変えて、鍋をする日が

多くなったり、、

 

確実に冬に近づいています。

だって今年も後2ヶ月!しんじられん速さの1年。。

なにしろ穏やかに過ごしたいなぁ。 

 

最近、寝る前に、布団に包まって、少しづつ読んでいるのが、

石井好子さん著

「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」  

Ma111101   

 

「暮らしの手帖」という雑誌を大好きだった母が

「夢中になって読んだの」と進めてくれた本で。

当時母が若かった1960年代に出版され、

半世紀たった今、文庫化されたという貴重な本。 

 

文庫カバーもかわいらしい。60年代のセンスって素敵。

内容もお料理&旅エッセイで、すごく興味深くて、

ゆっくりじっくり読みたくなるそんな本。 

 

母さんが好きだって言う理由がよくわかる、そんな本。 

 

いつか、自分に子供ができたりしたら、どの本を、

読んでもらいたいって思うのかなぁ。。 

オンナのコだったら間違いなく辰巳芳子さんだけど、

うぅーんオトコのコだったらどうしようかなぁ。。

 

・・・・なんて真剣に妄想する暇な私なのでした(笑)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »