« 久しぶりのベーグルとヨガ。 | トップページ | NAGOYA DAYS。 »

2011年8月27日 (土)

花ふきんと野田琺瑯。

 

この歳になると?多少値段がしても、“本当にいいもの”を

使いたいなという気になってきます。

 

一度使うと他のものを使えず、常にストックを2~3枚もってるのが

奈良・中川政七商店の「花ふきん」。 

Ma110827

 

ふきんなので、そんなに高いものじゃないですが。。

なにしろ丈夫だし、使えば使うほどやわらかになるし、すぐ乾くし。

拭くだけじゃなく、だしを漉すのも、酢飯を冷ますのも、

シュウマイを蒸すのも、なーんでも使えるすぐれものです。 

 

もうひとつ。

Ma1108271

野田琺瑯の、「ポトル」。

 

 

ホウロウなので、お湯が沸くのが早いし、冷めにくい。

たっぷり沸かせるものいいのです。

 

 

いろいろ使ってみて分かる、“いいもの”の金額じゃない価値。

そういうことに気づくのが、大人になった醍醐味のような気がします。

« 久しぶりのベーグルとヨガ。 | トップページ | NAGOYA DAYS。 »

びより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1544686/41387072

この記事へのトラックバック一覧です: 花ふきんと野田琺瑯。:

« 久しぶりのベーグルとヨガ。 | トップページ | NAGOYA DAYS。 »